予想外の防災工事の顛末(その1)

千里中央店の改装の話に戻ります。

防災工事の見積もりがざっと200万。
昨日、esさんと打合せをしたときに
es:「圧縮できたとしても150万にはならないのでは・・」

・・・・

これはヤバイ。やば過ぎる。
防災工事を軽く見ていたこっちの完全なミス。
当初の稟議に含めていなくて、この費用分だけどうしても足が出てしまう。
このまま黙ってやり過ごして、
もし最後の最後にお金支払ったときに社長とかに気付かれたら
「あはっ! バレました~?」
とか可愛く言ったら許してくれるかなーなんて思ったんですが・・・。

・・うーん、やっぱり止めときます。

これは正直に言った方が良いです。
絶対そっちの方がいいです。
でも、誰に言ったらいいのか・・・仲介事業部長か社長か・・・どっちか・・・

悩んだ末・・・
これは、社長に直接言った方がいいかなぁ~
言えば伝わります(多分)。
でも大目玉確実です。とんでもない大目玉です。
昨日から一日悩んで悩んで悩んで・・・・

はぁ~
結局、今日、腹をくくりました。

言うぞ!!!!!

ということで、今朝、社長へ言ってみることに決めました。
とりあえず社長に言う前に、千里の頼金店長に一応伝えておく。
私:「防災関係の費用のこと、今日社長に言いますね。」
店:「おぅ、頼むわ」
私:「費用がどこまで下がるか分らないので、前の200万の見積もりでそのまま伝えますね。」
店:「おぅ、頼むわ。でも今日社長こっち来て、その後川西の方に行くで。」
私:「分りました。夕方本社に戻られたら話してみます」
店:「おぅ、頼むわ」(←こればっかり)

しかし、足が出るだけでも相当旗色が悪いのにさらに事態を悪くする事が起きた!!
もう勘弁してくれ~

(つづく)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック