サイン計画、見直し(その2)


これ!
これやります。決定です。
店長が「これはカッコイイから、やりたい。
     アキュラホーム行ったときに見たことあるけど、あれはエエ!」
と、どうしても推し進められるし、
予算的にもなんとかなりそうな感じなので採用することに。

これを使って、入り口向かって右側のウィンドゥに各種広告を流します。
プロジェクターを天井から吊るし、
ウィンドゥのガラス面に向かって画像を当てます。
ガラスにそのまま当てると、光が通り抜けてしまいますので、
特殊フィルムを貼って、透明なんだけれども画像が見えるようにします。

多分4~5年前に出た手法だと思うんですが、
昔はプロジェクターの性能があまり良くなかったので
昔見た時はぼんやりしか映っていなくて、「イマイチ」という印象しかなかったんですが、
今ではプロジェクターの性能もうんと上がり結構鮮明に映るので、1回やってみます。
しかも昨日、梅田ダイビルのキャノンさんのショールームに行ってきてまでして見てきました。
担当の三島さんありがとうございました。

でも、店長からこんな意見が。

店:「うーん・・、でもここで採用するとかしないとか決めていいんか?」
私:「ええんちゃいます? 予算の範囲ですし。」
店:「でも、最初と随分変わるやろ? “光の柱”もそうやしな。」
私:「まぁ、そうですね・・・」
店:「これから店の顔でもあるし会社の顔でもあるやろ? だから上の承認はいるんちゃう?」
私:「そうですねー。じゃぁ、部長に一度聞いてみます。」
店:「でも、多分『あかん』って言うんやろなぁ~」
私:「そうですかね?」
店:「多分な、『そんなんするんやったら、その分(金額)落とせ!』って言うと思うで」
私:「えー?そーかな~? そんなこと無いと思いますよ!」
店:「いや!絶対無理やわ!!」
私:「いけますって!!」
店:「無理無理。無理やって・・!」

ということで、私が部長に相談することに・・・

私:「あの~、すみません。千里の件で・・・」
部:「どした?」
私:「ちょっと当初考えてたサイン計画を、見直すことにしたんです・・」と、
隣のりそな銀行さんが結構大胆なサインにしてきたこと、
それをきっかけにお店から見直しの意見が出たこと、
予算が変わらないこと、
などなど、いきさつなどを説明して、イメージパースを見せてみる。



部:「おっ!ええやん!!」
私:「でしょ~。(内心ホッとした)」
すかさず、プロジェクターの件も伝える。
部:「なるほどなるほど。OK!」

・・・ということで難なくOK!
店長にも結果を報告。

私:「プロジェクターの件、部長ニコニコでOKでしたよ。」
部:「えぇ!? まじで!!!! ようOK言ったな~。でも何でやろな~?」
私:「ということで、話このまま進めますね。」
部:「おぉ。頼むわ。でも何でやろな~?」

この後も、何でやろな~ってしきりに言っていました。
よっぽど不思議だったんでしょうね。

この記事へのコメント

O川
2005年07月12日 21:39
千里中央店は店の前が暗いのでプロジェクターをガラスに映すのインパクトあって非常にいいと思います。たとえば、あくまでもたとえばの話ですが、今計画中の南向きの屋外店舗でも綺麗に写るのでしょうか?
2005年07月12日 23:13
多分難しいと思います。
夏はともかく、冬になると陽の入射角が低くなるので
ウィンドウに日が当たって見えづらくなると思います。
前面道路の幅員も相当あるし、
向かいのビルも4階建てぐらいだったと記憶しているので、
結構、日が当たるのではないでしょうか?
夕方以降には見えやすくなると思いますが。
夕方以降のためにプロジェクターを設置するのもどうかと・・。
でも、明るいうちは消して店内を見せれるようにして
薄暗くなってきてから点けるという運用方法も考えられますね。
その場合、プロジェクターの寿命が倍以上に延びたりなど、
プラスの面も予想されます。

この記事へのトラックバック